新潟市異業種交流研究会協同組合

POLICY基本方針

N-MECの基本方針・事業計画

当組合は、1986年11月25日に異業種同士の会員相互及び会員と関係機関との相互交流を通じて互いに親睦を深めながら技術交流・共同開発・経営問題などについて協議推進し成果を上げると共に、地域社会にも貢献する事を目的とし産官学一体となって設立され、1991年6月27日に事業協同組合として法人化。令和2年度各委員会については下記の通りです。

N-MECの中には役割をもった委員会が設立され、
それぞれの基本方針・事業計画に沿って活動しています。

ビジネス活性委員会
  1. 委員会基本方針

    組合企業間による交流機会を多数作り、ビジネス交流を活性化することを目的とする。

  2. 主な事業内容
    • N-MEC組合員が取り組める新型コロナウイルス対策を課題とした11月例会の開催。
    • 企業PRを活用し、組合企業へのPR、ビジネス交流を活性化する。(オンライン実施含む)
N-Link(エヌリンク)委員会
  1. 委員会基本方針

    県内・県外の他団体との連携拡大、情報交流を目的に新たなネットワークを構築することで、組合組織の価値向上及び組合企業の更なる発展を目指す。
    委員会キャッチフレーズは「つながろう!広がろう!」。愛称は「つなひろ委員会」。

  2. 主な事業内容
    • 2月例会実施。
    • 昨年度連携を図った県外経済団体との「つながり」を発展させ、組合員へ還元する。
    • 県内・県外の他団体について情報収集・研究を行い、次年度の事業準備に着手する。
    • 委員会活動を通して組合員同士の「つながり」を醸成させ、事業推進の原動力とする。
賑わい活性化委員会
  1. 委員会基本方針

    組合相互の賑わいの場をつくることで、組合組織の活性化を図る。

  2. 主な事業内容
    • 新年会(1月)、総会(5月)の企画運営。
    • 広報紙の発行。(3月中旬)
人財創造委員会
  1. 委員会基本方針

    企業共通の悩みである「採用難」「定着難」「育成難」という「三つの難」を克服すべく様々な原因究明と問題解決を勉強会にて学び、将来を担う貴重な人財の創造を目指す。

  2. 主な事業内容
    • 中小企業の人材育成・採用・定着についての活動。(3月公開例会事業)
    • 理事のつながりを密にしながら活動する。
    • 月例委員会事業の実施。
青年部
  1. 委員会基本方針

    メンバー同士の連携を図り、一丸となって企画、運営し、青年部に在籍することに価値を見出せる活動を行う。つながりを意識して事業を行い、組合と若手社員の関係性を強化する。
    ・青年部同士の連携を図り、一丸となって企画・運営する。
    ・つながりを意識して事業を行い、組合と若手社員の関係性を強化する。

  2. 主な事業内容
    • 交流イベント(12月開催予定)の企画、運営。
先頭に戻る