新潟市異業種交流研究会協同組合

POLICY基本方針

N-MECの基本方針・事業計画

当組合は、1986年11月25日に異業種同士の会員相互及び会員と関係機関との相互交流を通じて互いに親睦を深 めながら技術交流・共同開発・経営問題などについて協議推進し成果を上げると共に、地域社会にも貢献する事を目的とし産官学一体となって設立され、1991年6月27日に事業協同組合として法人化。平成29年度各委員会については下記の通りです。

N-MECの中には役割をもった委員会が設立され、
それぞれの基本方針・事業計画に沿って活動しています。

ビジネス活性委員会
  1. 基本方針

    組合企業間による相互理解、交流の機会をつくりビジネス交流を活性化することを目的とする。

  2. 主な事業内容
    • BIZ EXPOでのN-MECブース出展
    • 3月公開例会 テーマ「ビジネス交流拡大」
    • 例会でのビジネス活性PR(企業PR)企画運営
イノベーション委員会
  1. 基本方針

    地域創生時代における産官学連携の可能性探求を通じて会員相互の良好なコミュニケーションを熟成し、会員定着と魅力ある委員会活動を実現すると共に、これらを通じて会員勧誘・会員増強を狙う。
    新潟市との連携を更に深耕し、ITを活用した最先端のエコ&まちづくりビジネスを産官学連携による事業開発実現に向けた情報提供等を行う。

  2. 主な事業内容
    • 7月例会 「エコをビジネスに!」(仮) 新潟市環境政策課と連携
    • 2月例会 「まちづくりをビジネスに!」(仮)新潟市地域魅力創造部、都市計画課と連携
    • 「グループ活動」周知、支援
ナレッジマネジメント委員会
  1. 基本方針

     経営者(リーダー)に必要な知識や心構えを学び、時代の荒波を乗り切る担い手集団を形成する。
    これにより、地域と組合、組合員企業(組織)の更なる活性化を目指す。
     1st 現代と未来の経営課題を研究し、これらに対する専門家を探すスキルを磨く。
     2nd  招聘講演による学びに加え、困ったときの相談先の人脈とする。
     3rd これらにより自身と企業が成長し、組合と地域の活性化に繋げる。

  2. 主な事業内容
    • 第1回N-MECカレッジ2017(公開講座事業)
    • N-MECユニバーシティ2017(公開例会事業)
    • 第2回N-MECカレッジ2017(公開講座事業)
交流活性化委員会
  1. 基本方針

    組合と企業、全ての基盤である人と情報の交流活性化を図る。

  2. 主な事業内容
    • 総会、担当例会(納涼会、新年会)の運営
    • 内部交流活性化を目的とする広報誌の発行
みらい創造委員会
  1. 基本方針

    組合員及び組合企業社員を対象とした、若手育成のためのイベントを企画・運営する。
    また、青年部の活性化とメンバー増員のために青年部事業をサポートしていく。
    当組合の未来に繋げるために企業・人間を深く結びつけ魅力のある組合活動に努める。

  2. 主な事業内容
    • 組合員及び組合企業若手社員を対象とした9月例会の企画・運営
    • 3月合同入社式の企画・運営
    • 青年部事業のサポート
青年部
  1. 基本方針
    • 「大人の部活動」をテーマに各種行事を通し、組合企業若手社員の交流の場をつくる。
      新規青年部部員を獲得するために魅力ある事業を計画・運営し、青年部に在籍することに価値を見いだせる活動にする。
  2. 主な事業内容
    • 交流イベント(9月予定)ゲーム性を盛り込んだバーベキュー大会を予定
    • 交流イベント(12月予定)交流会を主軸に婚活要素を盛り込んだイベントを予定
    • スポーツイベント(2月予定)
先頭に戻る